21日の東京外国為替市場=ドル・円、109円台後半で推移

マーケット情報

為替

2021/6/21 15:01

 21日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=109円台後半で推移している。米長期金利が時間外で低下したことを受けて日米金利差縮小を意識したドル売り・円買いが優勢となり、午前11時すぎには110円を割り込んだ。日経平均株価の大幅安を嫌気したリスクオフの円買いもドル・円の重し。昼すぎには米長期金利の下げが一服し、ドル売り・円買いも一巡したが、戻りは鈍かった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ