NTTが6日続落、岡三証は「強気」・目標株価3500円に引き上げ

株式

2021/6/21 16:05

 NTT<9432.T>が6日続落。岡三証券では18日付で、投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価を3000円から3500円に、それぞれ引き下げている。

 懸念であった通信料値下げの影響は、23年3月期まで減収影響があると予想するものの、純減が続いていたドコモの顧客基盤に維持・拡大の兆しが見えるなどポジティブな変化が起き始めているとコメント。また、経済正常化を見越すと、コロナ禍により高付加価値案件の獲得が難航していたNTT Limitedにおいても、収益拡大に期待できようとしている。今後のカタリストやバリュエーション、株主還元の拡充余地、などを考慮すると、業界内での同社の選好順位は高まったと考え、「強気」に引き上げるとしている。

 同証券では連結営業利益について、22年3月期1兆7490億円(前期比5%増、従来1兆7030億円、会社側計画は1兆7300億円)、23年3月期1兆8140億円(従来1兆7180億円)、24年3月期1兆8740億円と試算。22年3月期は、考え方に大きな変更はなく、主要4セグメント全てでの増益を見込んでいる。23年3月期は、NTT Limitedやドコモの利益前提を見直したことで、上方修正したとしている。目標株価3500円は、自己株式の取得を考慮した23年3月期同証券予想連結一株利益335円をベースに、PER約10.5倍から算出されている。

 19日の終値は、前週末比28円安の2824円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ