宮入バルブが急伸、インターバルブテクノロジーと合弁会社設立で契約

株式

2021/6/22 10:35

 宮入バルブ製作所<6495.T>が急伸し、一時6円高の152円を付けている。21日引け後、インターバルブテクノロジー(神奈川県横浜市)と合弁会社設立契約書を締結することを決議したと発表、材料視された。

 同社は、インターバルブテクノロジーと20年10月に業務提携の基本合意書を締結後、多面的な分野での業務提携を検討。その一環として、インターバルブテクノロジーの製造部門を同社との合弁事業とし、同社の甲府工場(山梨県南アルプス市)内に合弁会社を設立する。これにより、インターバルブテクノロジーは工場賃料などの固定費を削減し、同社で保有する加工機を利用することで内製化率をアップできる。同社では、甲府工場の設備稼働率が上昇するほか、連結子会社化することで、売上高と利益に寄与することが見込まれる。

 午前10時33分時点の株価は、前日比6円高の152円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ