神戸物産、ソフトバンクとAIなどを活用して顧客の満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗

株式

2021/6/22 16:03

 神戸物産<3038.T>は21日、ソフトバンク<9434.T>と、8月にオープンする予定の同社直営店「業務スーパー天下茶屋駅前店」(大阪府大阪市)を、AI(人工知能)などを活用して顧客の満足度向上を実現する次世代型スーパーの実験店舗として構築すると発表した。

 同社では、ソフトバンクなどが企画・開発したソリューションを活用し、「業務スーパー天下茶屋駅前店」で顧客の満足度向上を実現するための取り組みを実施。また、その取り組みの効果や運用方法を検証し、魅力的な施策を全国の業務スーパーに展開することで、さらなる業務スーパーのファンの獲得と事業の成長を目指すという。

 22日の終値は、前日比165円高の3370円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ