オキサイドが一時急伸、デンマークのNKT・Photonicsと共同開発した紫外フェムト秒レーザ発売

株式

2021/6/25 11:06

 オキサイド<6521.T>が急伸し、一時370円高の9220円を付ける場面がみられた。24日引け後、デンマークのNKT Photonicsと共同で開発した紫外(UV)フェムト秒レーザ「OneFive ORIGAMI03XP3P」を30日から国内で販売を開始すると発表、材料視された。

 「OneFive ORIGAMI03XP3P」は、NKT Photonics製の赤外フェムト秒レーザ「ORIGAMI」と、同社製の高信頼性波長変換モジュールを搭載。赤外(1030ナノメートル)、可視(515ナノメートル)、紫外(343ナノメートル)の3波長を同一レーザヘッドから出力、PC制御での波長選択が可能な事を特徴とする紫外フェムト秒レーザ。有機ELやMicroLEDなどのディスプレイ製造プロセスや、電子バイス用フレキシブルプリント基板加工、ステントなど医療用デバイスの製造といったさまざまな分野での微細加工用レーザとしての応用が期待されているという。

 午前11時3分時点の株価は、前日比30円高の8880円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ