<個別株動向>神戸物産、中外薬、アイキューブ、ハウスドゥ、クレオス=25日前場

株式

2021/6/25 11:51

 神戸物産<3038.T>―5月単体売上高は前年同月比2.8%増、2カ月ぶりに前年同月を上回る。前日比155円高の3410円。

 中外薬<4519.T>―同社が創製した「アクテムラ」について、米ジェネティック社がFDA(米食品医薬品局)から新型コロナウイルス感染症入院患者を対象とした緊急使用許可を取得。前日比70円高の4421円。

 アイキューブ<4495.T>―隠れ残業を防ぎ、健康的な働き方をサポートする「CLOMOワーク・スマート機能」のmacOS対応版を提供開始。前日比10円高の4435円。

 ハウスドゥ<3457.T>―群馬銀行<8334.T>とハウス・リースバックなどで業務提携。前日比6円高の1024円。

 クレオス<8101.T>―きのう24日に急騰した反動や、戻り待ちの売りに押される。前日比122円安の1006円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ