外為投資事始め:「米早期テーパリング観測」は意外と短命…?

為替

コラム

2021/7/1 17:30

 注目のFOMC(=米連邦公開市場委員会、6月15~16日)を経て、「米早期テーパリング(債券購入規模縮小)観測」は一気に「米早期利上げ観測」へと傾きました。さらにハト派と目されたブラード・セントルイ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ