公共投資、年後半の有力テーマに――日米で本格化、防災ニーズも

 菅政権が支持率低迷にあえぐ中、秋ごろに予想される衆院選を前に防災ニーズの再認識も相まって公共投資の関連銘柄が反発ムードをみせている。一方、米国ではバイデン政権がインフラ整備に巨額の資金を投じる。新型・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ