日経平均は347円安、マイナス寄与度上位はソフバンG、ファナック、東エレクなど

国内市況

株式

2021/7/19 10:34

 19日午前10時30分時点の日経平均株価は前週末比347円33銭安の2万7655円75銭。朝方は、売りが先行した。新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感とともに前週末の米国株式が下落した流れを受け、一時2万7615円49銭(前週末比387円59銭安)まで下落した。いったん下げ渋り、2万7792円52銭(同210円56銭安)まで値を戻す場面もあったが、買いは続かず、その後はさえない展開となっている。時間外取引での米株価指数先物安も重しとして意識されている。

 日経平均株価に対するマイナス寄与度上位はソフバンG<9984.T>、ファナック<6954.T>、東エレク<8035.T>など。プラス寄与度上位は中外薬<4519.T>、ダイキン<6367.T>、大日印<7912.T>など。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ