シャープ、ウエアラブル機器向け近接センサの量産を開始

株式

2021/7/19 14:27

 シャープ<6753.T>は19日、グループのシャープ福山セミコンダクター(広島県福山市)が、I2C通信対応で業界最小クラスのウエアラブル機器向け近接センサ「GP2AP130S00F」を開発、5月から・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ