米国株式市場:リスク回避姿勢が強まり、NYダウ続落、ナスダックは5日続落

株式

2021/7/20 7:46

 19日の米国株式は、NYダウが前週末比725.81ドル安の3万3962.04ドルと続落、ナスダック総合指数が同152.253ポイント安の1万4274.984ポイントと5日続落して取引を終了。出来高概算は、NY市場が11億4462万株、ナスダック市場が43億4081万株だった。NYダウの下げ幅は今年に入り最大で、昨年10月28日の943.24ドル安以来の大きさとなった。

 新型コロナウイルスのデルタ株による感染が世界的に広がるなか、先行き不透明感からリスク回避姿勢が強まった。株式を売って安全資産とされる債券を買う動きが出て、米10年物国債の利回りは1.1%台に低下(価格は上昇)した。NYダウは一時、950ドル近い下げをみせ、同指数採用銘柄の全30銘柄が下落し、ボーイング<BA>やアメリカン・エキスプレス<AXP>、ハネウエル<HON>などが、値下がり率の上位に入っている。

 シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、19日の大阪取引所清算値比335円安の2万7265円だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ