<きょうの個別材料>キヤノン、ワッツ、小松ウオール、ザインなど(19日発表分)

株式

2021/7/20 7:48

▽キヤノン<7751.T>、21年12月期の連結業績予想を上方修正

▽ワッツ<2735.T>、21年8月期の期末一括配当予想を従来の15円から22円(前期実績15円)に増額

▽小松ウオール<7949.T>、22年3月期第1四半期(21年4-6月)の単体決算は営業損益がトントン(前年同期は5500万円の黒字)に

▽ザイン<6769.T>、21年12月期第2四半期の連結損益予想を増額。営業損益は1億2800万円の黒字(従来予想4500万円の赤字、前年同期は2億3100万円の赤字)に転換

▽KOA<6999.T>、22年3月期第1四半期の連結営業利益は19億2400万円(前年同期比5.0倍)の見通し。従来予想を約9億円上ブレ

▽オンコリスB<4588.T>、新型コロナ治療薬「OBP-2011」について、治験薬製剤のGMP製造をアステナHD<8095.T>子会社のスペラファーマ(大阪市)に委託

▽チェンジ<3962.T>、福岡県宮若市のワクチン接種会場で、接種者の位置情報把握や送迎車と接種者の紐づけ・管理を目的に、子会社の製品「Beacap Here」が採用される

▽アイル<3854.T>、複数ネットショップ一元管理クラウドサービス「クロスモール」と関通<9326.T>のクラウド倉庫管理システム「クラウドトーマス」が完全自動連携を開始

▽マーチャント<3121.T>、子会社のケンテンが運営するショッピングサイトでNFTの取り扱いを開始

▽NexTon<7094.T>、22年3月期第1四半期末における著作権管理楽曲数は23万6999曲(前期末比1万4950曲増)に、取り扱い原盤数は80万7552原盤(同2万8871原盤増)にそれぞれ拡大

▽竹田印刷<7875.T>、東京都北区の土地と建物を譲渡し、22年3月期に約1億9000万円の特別利益を計上へ

▽アエリア<3758.T>、子会社が運営管理業務を行う訪日外国人向け簡易宿泊施設「藤ホテル京都五条」が開業

▽ブリッジ<7039.T>、企業の営業DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、若手社員を対象にDX推進に必要なスキル育成を支援する研究事業を開始

▽Jリース<7187.T>、GATECH<3491.T>グループ会社のイタンジが提供する不動産関連電子契約システム「電子契約くん」とのAPI連携に向けた開発を開始

▽主な月次=いい生活<3796.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ