ロート、抗ウイルス剤「ROH-101」のサイトメガロウイルス角膜内皮炎患者を対象に国内第3相臨床試験

株式

2021/7/21 16:27

 ロート<4527.T>は20日、抗ウイルス剤「ROH-101(一般名:ガンシクロビル)」について、サイトメガロウイルス角膜内皮炎患者を対象とした国内第3相臨床試験を開始したと発表した。

 同剤は、単純ヘルペスウイルス角膜炎に対する眼科用剤としてフランスのTheaにより開発され、フランスをはじめ世界40カ国以上で承認されており、日本ではサイトメガロウイルス角膜内皮炎に対する治療薬としてエムズサイエンス(兵庫県神戸市)により開発されてきた。同社は、21年1月にTheaおよびエムズサイエンスとライセンス契約を締結し、国内第3相臨床試験で有効性および安全性の評価を進める。

 21日の終値は、前日比33円高の3020円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ