<個別株動向>日本製鉄、日産自、積樹脂、大倉工、ダイハツディ=28日前場

株式

2021/7/28 11:41

 日本製鉄<5401.T>―大阪市立大学や東北大学と、肪族ポリカーボネートジオールの直接合成を行う触媒プロセスの開発に成功。前日比58.5円高の1904円。

 日産自<7201.T>―三菱自<7211.T>が22年3月期の連結業績予想を上方修正したことから、連想買いが向かったもよう。前日比18.5円高の590円。

 積樹脂<4212.T>―22年3月期第1四半期(21年4-6月)の連結決算は大幅な増益で着地。前日比10円高の2196円ザラバ引け。

 大倉工<4221.T>―21年12月期第2四半期(1-6月)と通期の連結業績予想を上方修正したが、修正発表をキッカケとした売りに押される。前日比140円安の2426円。

 ダイハツディ<6023.T>―22年3月期第1四半期(21年4-6月)連結決算は損益が黒字転換したものの、材料出尽くし感から売りが優勢に。前日比18円安の499円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ