30日の債券市場見通し=債券先物は下値も限られたものとなりそう

債券

2021/7/30 8:21

予想レンジ:債券先物中心限月(2021年9月限)152.20円-152.45円、長期国債利回り0.005%-0.020%

 債券先物は下値も限られたものとなりそう

 29日の2年国債の入札は無難な結果となったが債券先物の上値は重くなった。現物債は10年債は売られたが、30年債や40年債はしっかり。債券先物の引けは3銭安の152円32銭、長期債利回りは0.015%に上昇した。

 29日発表された米4-6月期GDP(国内総生産)速報値は予想を下回り、現地28日の米債は買われる場面もあったが、7年債入札の結果が低調だったこともあり、米長期債利回りは1.27%に上昇した。ナイトセッションの債券先物は152円38銭。本日の債券先物は下値も限られたものとなりそう。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ