日精化が急伸、22年3月期第2四半期と通期の連結業績予想を上方修正

株式

2021/7/30 10:47

 日本精化<4362.T>が急伸。一時66円高の1736円を付け連日で年初来高値を更新した。29日引け後、22年3月期第2四半期(21年4-9月)と通期の連結業績予想を上方修正し、好感された。

 第2四半期業績予想で、売上高を155億円から160億円(前年同期比11.1%増)に、営業利益を19億5000万円から22億5000万円(同19.6%増)に引き上げた。通期予想では、売上高を310億円から315億円(前期比3.2%増)に、営業利益を39億円から42億円(同6.6%増)に増額した。家庭用製品事業セグメントは、新型コロナウイルス対策製品の販売が低調に推移するものの、工業用製品事業セグメントは、ラノリン・コレステロールおよび医薬用リン脂質等の販売が期初想定に比べ好調に推移していることなどを織り込んだ。

 第1四半期決算(21年4-6月)の決算は、売上高が82億5900万円(前年同期比11.7%増)、営業利益が13億2700万円(同28.7%増)だった。

 午前10時46分時点の株価は、前日比46円高の1716円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ