3日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

為替

2021/8/3 8:27

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円80銭-109円80銭

 3日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。米長期金利が低下したことを受けてドル売り・円買いが優勢となりやすい。米国株の下落を背景に日経平均株価も軟調に推移すればドル・円の重しになる。また、きょうはRBA(豪準備銀行)理事会があるが、前回の会合で決めたテーパリング(量的金融緩和の段階的縮小)の方針を撤回するとの見方もあり、豪ドル相場が崩れると豪ドルに対する円買いがドル・円にも波及する可能性がある。

<主な経済指標・イベント>

国内:7月東京都区部CPI(消費者物価指数)

北米:米6月製造業新規受注

欧州:ユーロ圏6月PPI(生産者物価指数)

その他:RBA(豪準備銀行)理事会、トルコ7月CPI(消費者物価指数)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ