日経平均は128円安、業種別値下がり率上位は空運、鉱業、鉄鋼、石油石炭製品など

国内市況

株式

2021/8/3 10:06

 3日午前10時時点の日経平均株価は前日比128円51銭安の2万7652円51銭。朝方は、米経済指標が市場予想を下回り、2日のNYダウが下落した流れを受け、売りが先行した。きのう大幅反発(497円43銭高)した反動もあり、寄り付き直後に2万7564円31銭(前日比216円71銭安)まで下落した。一巡後は先物買いを交えて下げ渋り、一時2万7724円45銭(同56円57銭安)まで引き戻したが、その後は上値の重い動きとなっている。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり700、値下がり1366。東証業種別株価指数では全33業種中、29業種が下落している。値下がり率上位業種は、空運、鉱業、鉄鋼、石油石炭製品など。値上がりは4業種で、ガラス土石、精密、金属製品、輸送用機器。

午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)

・Eガディアン<6050.T>

・ダイトロン<7609.T>

・アジア投資<8518.T>

・テクマト<3762.T>

・昭電線HD<5805.T>

午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)

・GMB<7214.T>

・LITALICO<7366.T>

・ランド<8918.T>

・大塚商会<4768.T>

・ケーズHD<8282.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ