3日の米国債券市場見通し=米債券は乱高下も

債券

2021/8/3 15:49

予想レンジ:米長期債利回り 1.10%-1.30%

米債券は乱高下も

 現地2日に発表された7月のISM(米サプライマネジメント協会)製造業景況指数は前月から低下し予想も下回った。これを受けて米景気減速の観測が強まり、米債は買いが優勢となり米長期債利回りは一時1.15%まで低下して1.18%に。

 注意すべきは2日にFRB(米連邦準備制度理事会)のウォラー理事が、向こう2回分の雇用統計で雇用がそれぞれ80万-100万人増加すれば、FRBは10月までにテーパリングに着手する可能性があると指摘したこと。もしこちらが意識されれば、米債券は反落する可能性もあり、波乱含みの様相となることも。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ