日経平均は16円安、構成銘柄ではニチレイ、三井E&SH、住友電工などが値下がり率上位

国内市況

株式

2021/8/4 11:03

 4日午前11時時点の日経平均株価は前日比16円12銭安の2万7625円71銭。朝方は、売りが先行した。3日の米国株式は上昇したものの、米長期金利の低下を背景にした円高・ドル安が重しとなった。新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感も根強く、先物売りを交えて下げ幅を広げ、一時2万7488円74銭(前日比153円09銭安)まで下落した。一巡後は、下げ渋りの動きとなっている。

 日経平均構成銘柄では、ニチレイ<2871.T>、三井E&SH<7003.T>、住友電工<5802.T>などが値下がり率上位。半面、ZHD<4689.T>、宝HLD<2531.T>、カシオ<6952.T>などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ