FUJIMIが急騰、業績予想の上方修正と中間期配当の増額で買い人気

株式

2021/8/4 14:02

 フジミインコーポレーテッド(FUJIMI)<5384.T>が急騰。一時590円高の5890円を付け連日で上場来高値を更新した。3日引け後、22年3月期第2四半期(21年4-9月)および通期の連結業績予想を上方修正、中間期配当予想も増額し、買い人気を集めた。

 第2四半期業績予想で、売上高を210億円から245億円(前年同期比19.9%増)に、営業利益を38億円から55億円(同47.9%増)に引き上げた。通期予想では、売上高を435億円から470億円(前期比12.0%増)に、営業利益を85億円から102億円(同33.5%増)に増額した。1四半期(21年4-6月)において、最先端半導体デバイス向けCMP製品およびシリコンウェハー向け製品の販売が増加したことや、足元での業績動向などを織り込んだ。

 同時に中間期配当を見直し、従来予想の60円から80円(前期実績50円)増額した。期末は65円(同65円)を据え置いていることから、年間配当は145円(同115円)となる見込み。

 22年3月期第1四半期(21年4-6月)の決算は、売上高が123億8700万円(前年同期比18.7%増)、営業利益が29億9900万円(同32.0%増)だった。

 午後2時時点の株価は、前日比500円高の5800円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ