【米国株動向】押し目買いを検討したいグロース株3銘柄

グロース株はその名のとおり成長が期待されますが、問題はその成長に波があることです。

そして時には株価の下落を伴うことです。

そうした下落局面は、長期的な視点を持つ投資家に押し目買いのチャンスとなります。

経済環境が厳しいときに下落した銘柄にも将来性があるからです。

かつて高バリュエーションで現在下落している銘柄でも、多くの場合、依然として反発する可能性を秘めているということです。

以下、押し目買いを検討したい3つのグロース株を紹介します。

ピンタレスト

米国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)企業であるピンタレスト<PINS>の株価は先週、第2四半期決算を発表した直後に20%近く急落しました。

年初に付けた高値からは34%下落しています。

投資家は、同社の米国における月間平均ユーザー(MAU)が前年同期比5%減少したことを嫌気しました。

海外を含めるとMAUは増加したものの、増加率は9%にとどまり、市場予想を大きく下回りました。

しかし、良いニュースも数多くあります。

第2四半期の売上高は前年比で2倍以上に増加しました。ユーザー当たり平均売上高(ARPU)は89%増加し、利益も堅調でした。

重要なのは、同社の長期見通しが依然として明るいことです。

同社は昨年、新型コロナウイルス・パンデミックの下で大きく成長したことから、今年は前年比で高いハードルに直面しています。

1四半期のユーザー数が予想を下回ったからといってピンタレストの株式をあきらめる理由にはなりません。

同社のプラットフォームは依然として人気が高く、収益性向上に向けた取り組みは着実に前進しています。

現在の株価は大幅なディスカウントとなっており、購入する絶好のチャンスと思われます。

テラドック・ヘルス

米国の遠隔医療プラットフォーム企業であるテラドック・ヘルス<TDOC>の株価は、2021年初めに付けた高値を50%近く下回っています。

一部の投資家が同社の成長の鈍化を懸念しています。

しかし、直近の第2四半期の業績は予想されていたほど悪い内容ではありませんでした。

大きな純損失を計上しましたが、これは主に買収関連費用に関連するものです。

会員一人当たりの月次売上や利用率といった主要な指標は引き続き改善しています。

近い将来の成長を支える潜在的な原動力は複数あります。

大手医療保険会社HCSCとの提携は、来年以降の売上を押し上げるはずです。

また、顧客ごとにパーソナライズされたプライマリケアを提供するPrimary360などの新サービスもあります。

遠隔医療市場はまだ始まったばかりですが、テラドックは市場のリーダーであり、サービスの範囲を広げることによって地位を固めています。

この銘柄は長期的に見て勝者になると考えます。

バーテックス・ファーマシューティカルズ

米国のバイオ医薬品企業であるバーテックス・ファーマシューティカルズ<VRTX>の現在の株価は、今年1月の高値を16%下回っています(本稿執筆時点)。

株価が低調である理由はいくつかあります。

第一に、2020年第4四半期決算がウォール街の予想を下回りました。

第二に、同社が開発したα-1抗トリプシン欠乏症(AATD)薬VX-864の第Ⅱ相臨床試験の結果が、後期臨床試験に進むだけの有効性を示しませんでした。

しかし、同社の株式を今すぐに購入する理由もいくつかあります。

まず、同社の嚢胞性線維症(CF)薬トリカフタ/カフトリオの売上高が、米国以外の地域で堅調に増加する見通しです。

さらに、いくつかの有望な新薬パイプラインがあります。

希少な血液疾患ベータサラセミアおよび鎌状赤血球疾患の治療法としてCRISPRセラピューティクスと共同開発している遺伝子編集療法CTX001はその1つです。

CF市場での事実上の独占状態のおかげで、キャッシュは積み上がっています。

この資金を活用して、CF以外のパイプラインを強化するための開発案件をやしていくことが期待されます。

https://www.morningstar.co.jp/redirect/kabushiki_210122.htm

※この記事はモトリーフールジャパンからの許諾を受けて掲載しており、著作権は情報提供元に帰属します。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ