日経平均は65円高と続伸し高値引け、終盤に再度プラス浮上、年初来高値に接近=13日後場

 13日後場の日経平均株価は前週末比65円53銭高の3万0447円37銭と続伸し、高値引け。2月16日の年初来高値(終値3万0467円75銭)に接近した。朝方は、前週末に大幅反発した反動や米国株安を受け、利益確定売りが先行した。その後いったん持ち直し、上げに転じたが、買いは続かず、再び軟化。株価指数先物売りを交えて下げ幅を広げ、一時3万0229円01銭(前週末比152円83銭安)まで下落する場面があった。一巡後は下げ渋り、後場終盤には再度プラス浮上し、大引けにかけて強基調が続いた。

 東証1部の出来高は11億3544万株、売買代金は2兆8504億円。騰落銘柄数は値上がり1534銘柄、値下がり554銘柄、変わらず101銘柄。

 市場からは「利益確定売りが出やすいが、買い遅れた向きが押し目買いや、とりあえずの買いに動いているようだ。日経平均が3万円の値固めから次のステップに進むには、海外の中・長期マネーが流入してくるかどうかにかかっている」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JFE<5411.T>、日本製鉄<5401.T>などの鉄鋼株や、ENEOS<5020.T>、コスモエネH<5021.T>などの石油石炭製品株が堅調。新生銀行<8303.T>、あおぞら<8304.T>、りそなHD<8308.T>などの銀行株も買われた。三井倉HD<9302.T>、近鉄エクス<9375.T>などの倉庫運輸関連株も高く、T&DHD<8795.T>、第一生命HD<8750.T>などの保険株も値を上げた。INPEX<1605.T>、石油資源<1662.T>などの鉱業株も引き締まり、マルハニチロ<1333.T>、日水<1332.T>などの水産農林株や、明治HD<2269.T>、アサヒ<2502.T>などの食料品株も物色された。

 半面、トヨタ<7203.T>、ホンダ<7267.T>、日産自<7201.T>などの輸送用機器株が軟調。マネックスG<8698.T>、SBI<8473.T>などの証券商品先物株も売られた。JAL<9201.T>、ANA<9202.T>などの空運株もさえず、三井不<8801.T>、住友不<8830.T>などの不動産株も値を下げた。

 個別では、三井ハイ<6966.T>、サインポスト<3996.T>がストップ高となり、大真空<6962.T>、廣済堂<7868.T>、フリービット<3843.T>などの上げも目立った。半面、東京機<6335.T>がストップ安となり、シルバーライフ<9262.T>、ザッパラス<3770.T>、アセンテック<3565.T>、関西スーパー<9919.T>などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、25業種が上昇した。

(写真:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ