東芝、グループ会社がインドネシアで水力発電所向け水車4台の製造を受注

株式

2021/9/15 16:09

 東芝<6502.T>は14日、グループの東芝エネルギーシステムの中国現地法人東芝水電設備(杭州)と、インドネシア現地法人の東芝アジア・パシフィック・インドネシア(TAPI)が、インドネシアでエネルギーやインフラ事業を手掛けるブカカ社傘下の水力発電プロジェクト会社から、同国スマトラ島中部に位置するクリンチ水力発電所向けに10.5万キロワットの水車4台の製造などを受注したと発表した。

  今回、東芝水電は、中国の同社工場で受注した水車の設計・製造を行い、TAPIは現地で据付技術などの指導を行う指導員派遣などを行う。コロナ禍においても計画通り遅延なくプロジェクトを遂行できるよう、オンラインでの技術指導も積極的に実施するという。23年9月から順次、水車の出荷を開始する予定としている。

 15日の終値は、前日比65円安の4700円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ