日経平均は32円程安、採用銘柄の値下がり率上位にサイバー、ネクソン、日立造など

国内市況

株式

2021/9/16 10:34

 16日午前10時30分すぎの日経平均株価は、前日比32円程度安い3万478円前後で推移する。朝方は買い優勢でスタートしたものの、利益確定売りに押され下げ転換。午前10時29分には、同38円54銭安の3万473円17銭を付けるなど、足元では弱含みの展開が続いている。為替市場では、ドル・円が1ドル=109円30銭台(15日は109円43-45銭)でもみ合い。

 日経平均採用銘柄では、値下がり率の上位に、サイバー<4751.T>、ネクソン<3659.T>、日立造<7004.T>、大和証G<8601.T>、スクリーン<7735.T>がランクイン。値上がり率の上位に、東邦鉛<5707.T>、フジクラ<5803.T>、川崎汽<9107.T>、出光興産<5019.T>、ユニチカ<3103.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ