オプトラン、カメラレンズモジュールの大手メーカーから、新規最先端のレンズ成膜用ALD装置受注

株式

2021/9/17 16:11

 オプトラン<6235.T>は16日、スマートフォンなどのカメラレンズモジュールの大手メーカー(アジア地域)から、新規最先端のレンズ成膜用ALD装置受注を獲得し、新たに取引を開始したと発表した。

 今後はさらに、IoT(モノのインターネット)関連のさまざまな新製品への応用を通じ、新たな受注獲得につながる見込みという。ALD装置は、同社のプラズマ技術とALDを融合した装置で、スマートフォンなどのカメラレンズやミニLED用で、従来の光学薄膜で達成できなかった極薄で多様な対象材料への成膜を可能した。

 17日の終値は、前日比40円高の2321円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ