来週の日本株の読み筋=一段高期待残る、外国人買いに余力も

国内市況

株式

2021/9/17 17:17

 来週(21-22日、24日)の東京株式市場は、一段高期待が残る。祝日の関係で3営業日となるが、マーケットは、中国の不動産開発会社「恒大集団」の破たんリスクとひとまず折り合いを付けた印象もある。需給面では外国人買いに余力がうかがえ、相場をさらに押し上げる可能性がある。

 需給のカギを握る外国人投資家は、現物と先物を合わせて9月2週(6-10日)に10カ月ぶりに1兆円超の日本株を買い越した。ただ、現物に限れば買い越し幅は3010億円と前週(3669億円)から伸びておらず、本格化するのはこれからと考えられる。東証1部の売買代金も伸び代がありそうだ。

 恒大集団に関しては、中国が4連休の18-21日がヤマ場になるとの見方が一部にある。憶測にすぎないとはいえ、この局面を乗り切ればマーケット心理はいったん好転する可能性がある。一方、米国では17日が「クアドルプル・ウィッチング(日本のメジャーSQに相当)」に当たる。ショートヘッジの解消が、軟調なNYダウなどの底入れにつながり、支えとして意識されることもあり得る。

 スケジュール面では、国内で21日に日銀金融政策決定会合(22日まで)、22日に黒田日銀総裁会見、24日に8月消費者物価などが予定されている。海外では21日にFOMC(米連邦公開市場委員会、22日まで)、米4-6月期経常収支、米8月住宅着工件数、22日にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長会見、24日に独9月Ifo景況感指数、日・米・豪・印4カ国の枠組みで初の首脳会談。

 17日の日経平均株価は3日ぶりに反発し、3万0500円(前日比176円高)引けとなった。16日の米国株式は高安まちまちながら、きのうの2日続落で押し目買いが入りやすく、株価指数先物買いを交え、大引け間際には上げ幅が210円を超えた。なかで、エムスリー<2413.T>、ソフバンG<9984.T>、東エレク<8035.T>などのグロース(成長)株が高く、指数に寄与した。市場では、「外国人買いを背景にした割安修正の流れは続くとみられる」(中堅証券)、「押し目買いニーズは強いが、誰もが調整を待っているのではないか」(準大手証券)などの声が聞かれた。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • (再送)17日のミニGC・ミニDC直前銘柄

    株式

    2021/9/17 17:05

    ミニゴールデンクロス直前銘柄――3銘柄中外薬相鉄HD近鉄GHDミニデッドクロス直前銘柄――0銘柄該当なし・スクリーニングの条件5日移動平均線と25日線の・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2021/9/17 16:52

     シャープ 年初来安値を。SMCB日興が16日付で、目標株価を1150円から1100円に引き下げた。投資判断は「3」(アンダーパフォーム)を継続。 ジャックス 後場急伸・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(1)

    株式

    2021/9/17 16:51

     電気興 3日ぶり急反発。16日提出の大量保有報告書により、オアシス・マネジメント・カンパニーが同社株式を5.05%保有していることが明らかに。保有目的はポートフォリオ投資と重要提案行・・・…続き

  • 個別銘柄のひと口情報

    株式

    2021/9/17 16:50

     Jストリーム 5日ぶり反発。コルグ(東京都稲城市)が開発するインターネット動画配信システム「Live Extreme」の提供を開始した。同システムは最大4Kの高解像度映像とともに、高・・・…続き

  • 17日のPTS注目ポイント=イソライト、旭ダイヤ、ダイセキSなど

    株式

    2021/9/17 16:39

    ▽イソライト 22年3月期の連結営業利益予想を24億円から30億円(前期比39%増)に引き上げ。断熱関連事業において中国、欧州市場を中心に堅調。▽旭ダイヤ 22年3月期・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ