「中国・恒大集団ショック」で日経平均一時667円安――アフターコロナに活路

 中国・恒大集団の信用不安問題を背景に、21日の東京株式市場では日経平均株価が一時前週末比で667円下落。7営業日ぶりに3万円を割り込んだ。社債の利払い期日が相次ぐ目先は神経質な値動きが続く可能性があ・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ