IPO=シンプレクス・ホールディングスの初値は1660円、公開価格を2.5%上回る

マーケット情報

株式

2021/9/22 9:06

 22日、東証1部に新規上場したシンプレクス・ホールディングス<4373.T>が公開価格1620円を2.5%上回る1660円で初値を付けた。

 システムコンサル、提案、構築、運用保守にかかわるITソリューションを手掛ける。実態は好調だが、再上場案件で初値買い人気が高まらなかった。公開株式数は2209万1000株。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ