ムラキが急騰し年初来高値、22年3月期第2四半期の配当予想を増額し買い人気

株式

2021/9/27 12:01

 ムラキ<7477.T>が急騰。一時112円高の1354円を付け、22日の年初来高値1260円を更新した。前週末24日引け後、22年3月期第2四半期(21年4-9月)の配当予想を増額すると発表、買い人気を集めた。

 第2四半期の配当予想を、従来の5円から10円(前期実績5円)に増額する。新型コロナウイルス感染症の収束など見通しが立たない状況だが、前年の実績、今期の進ちょくなどを考慮し、配当の引き上げを決めた。期末配当予想については、従来の予想の5円(同5円)を据え置きで、年間配当は15円(同10円)となる見込み。

 前場は、前週末比93円高の1355円ザラバ引け。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ