CSPが急伸、22年2月期第2四半期と通期の配当予想を増額

株式

2021/9/27 13:50

 CSP<9740.T>が急伸し、一時65円高の2928円を付けている。前週末24日引け後、22年2月期第2四半期(21年3-8月)と通期の配当予想の増額を発表、材料視された。

 配当予想で、第2四半期は従来予想の22円から23円(前期実績20円)に、期末は同22円から23円(同25円)に増額。年間配当は46円(同45円)となる見込み。株主への利益還元を図るため、安定した配当を継続的に行うことを利益配分に関する基本方針とするなか、直近の業績動向を織り込んだ。

 午後1時50分時点の株価は、前週末比46円高の2909円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ