<今日の仮想通貨市況>インフレ懸念一服、米金利低下を背景に買い優勢

仮想通貨

2021/10/14 9:39

 14日午前9時35分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=648万7356円(過去24時間比1.61%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=40万7971円(同2.31%高)、バイナンスコイン(BNB)が1BNB=5万3057円(同4.00%高)などとなっている。

 13日、米9月コアCPI(消費者物価指数)の上昇率が市場予想と一致し、インフレへの過度な懸念が後退し、米長期金利が低下。金利の付かない金や主要暗号資産に資金流入がみられた。

 一方、英ケンブリッジ大学傘下の独立プロジェクトである「CBECI」がビットコインのマイニングに関する最新報告を発表。5月からマイニング規制強化に舵を切った中国のマイニングシェアが激減し、7月から米国が中国に代わりマイニングシェアのトップに躍り出たことが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ