(再送)プラズマがストップ、22年8月期は営業利益81.4%増見通しで4期ぶり過去最高益更新へ

株式

2021/10/14 16:10

 アドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>が300円ストップ高の1790円となった。13日引け後、21年8月期の連結決算と22年8月期の業績予想を発表、今期は4期ぶりに過去最高利益を更新する見通しとなり、好感されている。

 22年8月期業績予想は、売上高が115億円(前期比43.7%増)、営業利益が20億円(同81.4%増)を見込み、18年8月期に記録した過去最高の営業利益18億2700万円を塗り替える。半導体・液晶関連事業においては、好調な受注動向に対応するため、グループ全体での生産量増加に向けた生産ラインの整備に取り組むとともに、生産効率の向上と品質向上に注力していく。研究機関・大学関連事業(IDX)では、一般産業用向け製品の受注獲得のため営業活動を推進し、新たな収益基盤の構築に取り組むとしている。

 21年8月期は売上高が80億300万円(前期比12.1%増)、営業利益が11億200万円(同26.1%増)だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ