増加するノーロード投信、国内株式ファンドの購入時手数料控除後リターンで検証

視点

2021/10/15 9:30

 証券取引にかかる手数料等の高さを見直す動きがあり、投資信託の証券会社での対面販売や銀行窓販等において購入時手数料が0のいわゆる「ノーロード投信」が近年増えている。購入時の手数料の低さは、投資信託に対・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ