<今日の仮想通貨市況>ビットコイン先物ETFの承認期待広がる

仮想通貨

2021/10/15 10:20

 15日午前10時10分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=648万4106円(過去24時間比1.48%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=42万8137円(同4.38%高)などとなっている。

 14日、著名な投資家であるキャシー・ウッド氏率いるARKインベストがビットコイン先物に投資するETF(上場投資信託)の目論見書をSEC(米証券取引委員会)に提出したことなどを受け、近くビットコイン先物ETFが承認されるとの見方が強まり、ビットコインは一時5月以来の5万8000ドル(約660万5000円)台を付けた。一方、米暗号資産取引所大手コインベース(COIN)が13日に開設したNFT(非代替性トークン)プラットフォームのウェイティングリスト者数が初日の100万人強から14日は140万人超となり人気化、イーサリアムベースのブロックチェーン技術がプラットフォームに使われていることからETH買いが一段と強まっている。

 このほか、ロシアのプーチン大統領が暗号資産による原油取引の議論は時期尚早だと断じたことや、米モルガン・スタンレー(MS)のジェームス・ゴーマンCEO(最高経営責任者)が「暗号資産の流行は一時的なものではなく、なくなることはない」などとの見解を示したことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ