日経平均は517円高と大幅続伸、2週間ぶり2万9000円回復、円安加速で一段高=15日後場

 15日後場の日経平均株価は前日比517円70銭高の2万9068円63銭と大幅続伸。2万9000円回復は9月30日(終値は2万9452円66銭)以来ほぼ2週間ぶりとなる。朝方は、買い優勢で始まった。米主要企業の好決算や過度なインフレ懸念の後退を背景に14日の米国株式が上昇し、投資家心理が改善した。円安歩調に加え、時間外取引で米株価指数先物が高く、香港ハンセン指数などのアジア株高も支えとなった。1ドル=114円台への円安加速で輸出関連株の追い風となり、指数は一段高し、大引け間際に2万9082円35銭(前日比531円42銭高)まで上伸した。東証業種別株価指数は全33業種が値上がりした。

 東証1部の出来高は11億4320万株、売買代金は2兆8420億円。騰落銘柄数は値上がり1989銘柄、値下がり155銘柄、変わらず40銘柄。

 市場からは「海外株高に円安がフォローになり、『解散・総選挙は買い』というアノマリー(説明のつかない法則)も乗っかっているようだ。ただ、日経平均2万9000円から上はそう簡単には進めないのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、コマツ<6301.T>、ダイキン<6367.T>、クボタ<6326.T>などの機械株が上昇。郵船<9101.T>、川崎汽<9107.T>、商船三井<9104.T>などの海運株も高く、ファナック<6954.T>、東エレク<8035.T>、ソニーG<6758.T>などの電機株も堅調。SUMCO<3436.T>、LIXIL<5938.T>などの金属製品株も引き締まった。野村<8604.T>、大和証G<8601.T>、マネックスG<8698.T>などの証券商品先物株や、HOYA<7741.T>、ニコン<7731.T>、オリンパス<7733.T>などの精密株も値を上げた。DOWA<5714.T>、三菱マテリアル<5711.T>、三井金<5706.T>などの非鉄金属株や、信越化<4063.T>、JSR<4185.T>、菱ガス化<4182.T>などの化学株も物色された。

 個別では、キャンドゥ<2698.T>がストップ高配分となり、PRTIME<3922.T>、TBASE<3415.T>、マルマエ<6264.T>、ギフト<9279.T>などの上げも目立った。半面、UNEXTH<9418.T>、東京機<6335.T>、IDOM<7599.T>、SKジャパン<7608.T>、三栄建築<3228.T>などの下げが目立った。

(写真:123RF)

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ