<個別株動向>野村、スパンクリト、マネックスG、FLN、ラピーヌ=15日後場

株式

2021/10/15 15:27

 野村<8604.T>―大阪デジタルエクスチェンジ(大阪府大阪市)の第三者割当増資を引受けることで合意。前日比15.7円高の557.4円。

 スパンクリト<5277.T>―15日の東京証券取引所のToSTNeT-3(自己株式立会外買付取引)で、39万9900株(自己株を除く発行済み株式数の3.64%)を取得。前日比20円高の309円。

 マネックスG<8698.T>―同社グループのマネックス・アセットマネジメントが、ソニーG<6758.T>のソニー銀行と投資一任運用サービスを開始。前日比40円高の687円。

 FLN<9241.T>―22年8月期の単体業績予想で純利益は2ケタの減益を見込む。前日比456円安の2339円。

 ラピーヌ<8143.T>―22年2月期第2四半期(21年3-8月)の連結決算は営業赤字が継続。前日比13円安の354円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ