PALTAC、再生材料を50%以上含む素材で作られたゴミ袋の取り扱いを開始

株式

2021/10/15 15:54

 PALTAC<8283.T>は14日、環境配慮型の素材開発や資源循環を促進する事業などを行うTBM(東京都千代田区)との協働で、SDGsの一環である循環型社会に向け開発した「使えば使うほど世界のプラごみを減らせるゴミ袋」の取り扱いを開始したと発表した。

 同製品は、TBMの技術で開発された再生材料を50%以上含む素材「CirculeX(サーキュレックス)」で作られている。「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品に付けられるエコマーク認定も取得した。バージンプラスチックのみで作られたゴミ袋に代え、同製品を使用することで廃プラスチックの量を削減することにつながるという。

 15日の終値は、前日比90円高の5290円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ