市進HDが急騰し一時ストップ高、22年2月期第2四半期の損益が黒字に転換し買い人気

株式

2021/10/18 10:33

 市進ホールディングス(市進HD)<4645.T>が急騰。一時80円ストップ高の460円まで買われ、11日の年初来高値419円を大きく更新した、前週末15日引け後、22年2月期第2四半期(21年3-8月)の連結決算を発表。損益が黒字に転換し、買い人気を集めた。

 第2四半期決算は、売上高が85億9600万円(前年同期比16.3%増)、営業損益は4億7800万円の黒字(前年同期は2900万円の赤字)に転換した。学習塾事業では、夏期講習が計画を上回る申込みがあったことや、公立中高一貫コースの集客が好調に推移。教育関連事業では、全国の学習塾向けに映像教材と学びのシステムの提供で、加盟校数、加盟校における受講者数とも引き続き堅調だった。

 22年2月期決算は、売上高170億1100万円(前期比6.3%増)、営業利益6億1200万円(同12.8%増)を据え置き。第2四半期決算の通期業績予想に対する進ちょく率は、売上高で50.5%、営業利益78.1%となっている。

 午前10時33分時点の株価は、前週末比70円高の450円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ