<米国株情報>ハーツがSECにIPO申請、10-12月の再上場目指す

株式

2021/10/18 10:36

 レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングス<HTZGQ>は15日、経営破綻から会社再建を果たしたことを受け、SEC(米証券取引委員会)にIPO(新規株式公開)実施に関する手続きを申請したことを明らかにした。10-12月に普通株式の公募・売り出しを開始したい考え。

 同社は20年5月、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う旅行需要の急減を受けて経営が悪化し、破産法第11条の適用を申請。21年6月、米連邦破産裁判所からナイトヘッド・キャピタル・マネジメントなど米プライベートエクイティ(PE)ファンド大手3社の企業連合による買収計画が承認され、破産法第11条の適用から除外されていた。ハーツの株式は7月1日から「HTZZ」の証券コードで、OTC(店頭市場)で取引されている。

 レンタカー業界は、半導体不足のため減産を余儀なくされている自動車業界とは対照的に、旺盛な需要とレンタル料金の大幅上昇の恩恵を受けている。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ