<個別株動向>タカラバイオ、JFLAHD、南陽、武田薬、三井松島HD=19日前場

株式

2021/10/19 11:51

 タカラバイオ<4974.T>―高機能新規PCR用酵素「TaKaRa Ex Premier DNA Polymerase」を発売。前日比34円高の3005円。

 JFLAHD<3069.T>―グループ会社が、フランスの老舗洋菓子ブランド「アンジェリーナ」を有するベルトラン・グループと合弁会社を設立。前日比2円高の385円。

 南陽<7417.T>―22年3月期第2四半期(21年4-9月)と通期の連結利益予想を上方修正、期末配当予想を従来の51円から61円(前期実績55円)に増額。前日比7円高の2052円。

 武田薬<4502.T>―大和証券は18日付で、目標株価を4100円から3200円に引き下げ。前日比9円安の3198円。

 三井松島HD<1518.T>―きのう18日に急騰した反動が出たもよう。前日比131円安の1632円。

◎未確認情報などが含まれており、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ