凸版、エイベックス・エンタテインメントと企業・自治体の情報を読み上げる音声サービスを開発

株式

2021/10/19 15:58

 凸版印刷<7911.T>は18日、エイベックス・エンタテインメント(東京都港区)と、エイベックス所属アーティスト・タレントが企業・自治体の情報を読み上げる音声サービス「ボイスタイル」を開発し同日から提供を開始したと発表した。

 「ボイスタイル」は、会社案内やCSRレポート、株主通信などのコーポレートコミュニケーションツールや、自治体が発行する各種案内ツールなどをアーティスト・タレントが読み上げることにより、「聴きたくなるエンタメコンテンツ」へと変換し、生活者に提供するサービス。これにより企業・自治体が、保有する情報資産をリッチコンテンツとして、より効果的に生活者に情報を届けることが可能になる。

 19日の終値は、前日比15円高の1861円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ