うるる、在宅ワーカーが報酬を引き出す際にかかる振込手数料を大幅に引き下げ

株式

2021/10/19 15:59

 うるる<3979.T>は18日、同社が運営する初心者からのクラウドソーシングサービス「シュフティ」において、11月16日から、在宅ワーカーが報酬を引き出す際にかかる振込手数料を大幅に引き下げると発表した。

 在宅ワーカーは、仕事を完了した後、シュフティ内において報酬を受け取る。その後、在宅ワーカーの任意のタイミングで自身の登録した銀行口座へ報酬を引き出す。その際に発生する振込手数料を今回、550円から330円に引き下げる。合わせて、万が一振り込み先口座情報に誤りがあった際に発生する組戻し手数料を、55円から33円に引き下げ。それに伴い、最低振り込み額も605円から363円に変更した。

 19日の終値は、前日比18円高の2159円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ