マザーズ指数反発、HENNGEなど堅調=新興市場・28日

 マザーズ指数が反発。東証1部市場が軟調な推移となる一方、新興市場では個別物色が盛ん。グロバウェイ<3936.T>やHENNGE<4475.T>、フリー<4478.T>などが上昇。サーキュレーション<7379.T>やGMOフィナンシャルゲート<4051.T>も買われた。上場3日目のCINC<4378.T>も反発。ジャスダックでは東映アニメーション<4816.T>やセプテーニ・ホールディングス<4293.T>が堅調だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ