三菱重工、仏スタンレーロボティクス社と国内において自動搬送ロボット事業を共同展開

株式

2021/10/28 15:47

 三菱重工業<7011.T>は27日、同社およびグループの三菱重工機械システムが、フランスのベンチャー企業スタンレーロボティクス社(SR社)と、自動車の自動バレーパーキングならびに完成車自動搬送サービスを実現する、国内初の先進的自動搬送ロボット事業を共同展開していくことで合意したと発表した。

 今回の合意で、自動搬送ロボット事業を共同展開。電動自動搬送ロボットの導入により、大型駐車場などにおける利用者の快適性向上、完成車搬送における労働者不足の解消、24時間稼働、二酸化炭素排出量の削減などを実現する。SR社が提供する自動搬送ロボットに加え、同社グループが培った機械式駐車場や交通流管制技術と、無人システム監視・管理技術を組み合わせ、多種多様な顧客ニーズに合致したサービスの提供を目指す。

 28日の終値は、前日比6円安の3009円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ