9日の米国債券市場見通し=FRB議長人事への思惑なども材料視か

債券

2021/11/9 15:42

予想レンジ:米長期債利回り 1.35%-1.60%

 FRB議長人事への思惑なども材料視か

 米下院で5日に1兆ドル規模のインフラ投資法案が可決されたことや米3年債入札が低調な結果となったことなどから、現地8日の米債は売られ、米長期債利回りは1.49%に上昇した。

 9日東京時間の米長期債利回りは1.47%。FRB(米連邦準備制度理事会)議長人事への思惑なども出やすいとみられ、10日の米消費者物価指数の発表も控え、やや神経質な展開となりそう。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ