霞ヶ関キャピタルが急騰、三菱HCキャピタルと物流施設開発事業で合弁契約

株式

2021/11/26 14:19

 霞ヶ関キャピタル<3498.T>が急騰。一時700円高の6490円を付け、連日で年初来高値を更新している。25日引け後、三菱HCキャピタル<8593.T>と、物流施設開発事業に関する合弁契約を締結したと発表、買い人気を集めた。

 両社は、昨今の物流マーケットの拡大を踏まえ、自社の強みを生かしつつ、相互補完が可能なパートナーとの連携を模索。共同で物流施設の開発を行うことを目的に、今回の合弁契約を締結した。合弁契約に基づき、三菱HCキャは、同社が物流施設の開発を目的に1億円で新設した合弁会社の株式の34%を12月末日までに取得する予定。

 午後2時17分時点の株価は、前日比420円高の6210円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ