ホロンが一時急騰、A&Dとの経営統合で株式交換比率にサヤ寄せ

株式

2021/11/30 12:02

 ホロン<7748.T>が急騰し、一時480円高の4430円を付ける場面がみられた。29日引け後、エー・アンド・ディ(A&D)<7745.T>と、持株会社体制への移行を伴う経営統合を行うと発表、株式交換比率にサヤ寄せする動きとなった。

 経営統合では、A&Dを株式交換完全親会社、同社を株式交換完全子会社とする株式交換を実施。同社普通株1株に対しA&Dの普通株3.6株を割り当てることから、株式交換比率にサヤ寄せする動きとなった。同社株式は、22年4月1日を予定する効力発生日に先立つ3月30日付で上場廃止(最終売買日は3月29日)となる見込み。

 前場終値は、前日比125円高の4075円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ