シーズメン、11月既存店売上高は前年同月比11.4%減、6カ月連続で前年を下回る

株式

2021/12/3 16:08

 シーズメン<3083.T>は2日、11月の月次売上高速報を発表した。既存店売上高は前年同月比11.4%減で6カ月連続で前年を下回った。客数は同24.6%減、客単価は同17.6%増だった。

 同月は、冬物商戦の主力となるフェイクムートンなどの防寒アウターを投入し、販促活動としては、前半には「誕生祭」と銘打ったイベントを実施。後半はブラッフライデーを活用した、クーポン配布やセール商品投入により、売上拡大を目指した。ただ、顧客の消費マインドを充分に盛り上げることができず、売上高は伸び悩んだ。

 3日の終値は、前日比32円高の841円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ