<米国株情報>AT&T、広告部門をマイクロソフトに売却へ

株式

2021/12/23 10:40

 通信大手AT&T<T>は21日、広告事業部門「ザンダー(Xandr)」をマイクロソフト<MSFT>に売却することで合意したと発表した。売却額など金銭的な条件は明らかにしていない。

 マイクロソフトでは、ザンダーを買収することにより、「デジタル広告やリテールメディア(イーコマースサイトやアプリ向け広告配信)向けソリューションの提供を加速させ、広告主を支援したい」としている。

 AT&Tは18年にザンダーの前身だったデジタル広告大手「AppNexus」を16億ドル(現在のレートで約1830億円)で買収している。

<関連銘柄>

 NASD投信<1545.T>、NYダウ投信<1546.T>、上場米国<1547.T>、

 SPD500<1557.T>、NYダウ<1679.T>、NYダウブル<2040.T>、

 NYダウベア<2041.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

アクセスランキング(24時間)・PTS株価

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ